井戸端・着物マーケット

等身大のお洒落な着物や小物を、個性あふれる店主たちが提案する着物イベント!”井戸端・着物マーケット”の情報をお知らせしていきます。

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七宝焼kimitoです♪〈ストーモントシリーズ〉の帯留をご紹介

kimitoではさまざまなシリーズの七宝焼帯留をご用意していますが
中でもわたくし作家の植木が個人的にお気に入りなのは
ストーモントシリーズ

通常の焼成温度は800度ですが、
ストーモントシリーズは950度まで上げて焼いています。

この技法は「噴釉」といって
まさに噴火のように二層に重ねた釉薬の下の層を
高温で焼くことによって強引に上に出す方法。

そこにkimitoではオリジナルの技法を加え
さらに複雑な表情をだしています。

P1090480_convert_20170413174427.jpg 
このように細胞の核のような境界線。

釉薬は自分で選んでいるので、ある程度の焼き上がりは想像できるのですが
模様の出方は毎回異なります。
釉薬の色でも性質が違うので、その都度反応がとても楽しみ。

P1090482_convert_20170413174522.jpg 
こちらはまた複雑な表情。
深い闇にともる炎のような赤。

作為的には生まれないであろう模様の数々。
そのひとつひとつがとても愛おしいのです。


P1090477_convert_20170413174448.jpg 
今回は、このような明るいお色味のストーモントシリーズも焼きあがりました!

このシリーズはやはり自然がよく似合います。

DSC_0951_convert_20170413174316.jpg 
これからの季節につけたい、紫陽花のような色。

優しい青、強い紫、甘いピンク。



P1090488_convert_20170413174845.jpg 
最後に、散りはじめた桜とともに。


単体で見ていてひきつけられるのは
コントラストのしっかりしたお品ですが
帯留としての役割を考えると、この乳白色に青磁色が混じりかけたような微妙な色味の帯留は
女性らしいやわらかな印象をプラスしてくれるので、おすすめです。


井戸端・着物マーケットはスペースもしっかりいただけるので
たくさんのお品をお持ちします。

皆様のお越しをおまちしております♪



スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://kimonoindies.blog.fc2.com/tb.php/248-78f62756

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

個性豊かな着物・小物ショップが集う、”井戸端・着物マーケット”の情報を、参加店主が持ち回りでお知らせします。

イベント詳細

ブログプロフ用
2017年4月28日(金)-30日(日)
11:00-18:00
目白の古民家ギャラリー ゆうど
(JR目白駅より徒歩約7分)

イベント概要はこちらをご覧下さい!
facebookイベントページも要チェック!

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。